志賀ヨットクラブは琵琶湖の北部のヨット専用マリーナです。


志賀ヨットクラブ イベントガイド&レポート

トップ > イベントガイド&レポート

4件中1件~4件を表示

琵琶湖横断レース2012
9月23日(日)琵琶湖横断レースが実施されました。(主催はミドルボートの当ヨットクラブ、グラシャスの伊東氏)朝から小雨の天気模様、11時05分長命寺沖をスタートし西向きのコース、中盤良い風でしたが志賀ヨットクラブ沖フィニッシュ当たりでは風も落ち少し苦労の琵琶湖を横断するヨットレースでした。トップ艇はデヘラー33(LWYC所属)スキッパーは当志賀YCの谷口氏12時13分でした。当クラブ艇は4隻、LWYCは2隻(1隻自クラブ帰港)M雄琴3隻、長命寺YC2隻の11隻出艇、遠来の大津港M1隻(雨の為レースはDF)。13時半過ぎより志賀ヨットクラブにてアフターパーティー(ラムチョップのローズマリー焼き他)エレクトーン演奏歌を交え表彰式が有りました。この頃には雨もやみ時折日差しも、皆さん心地よく16時過ぎ他マリーナ艇7隻も帰還の為出港しました。
レース成績上位艇(総合)
優勝 トレーサー  NM-9.5S (マリーナ雄琴)
2位 SCモアナ DH-33CR (LWYC)ファーストフィニッシュ
3位 イング ソレイ・ユ・ルボン (志賀YC)
4位 ハッスルK Y-31S (長命寺YC)
5位 サンシャワー Y-25ML (マリーナ雄琴)
2012年9月24日 14:17
9月23日 琵琶湖横断レース 募集
琵琶湖横断レース2012

第2回を迎えた琵琶湖横断レースは長命寺沖から志賀ヨットクラブ沖迄の琵琶湖を横断するレースです。 レース距離は短いですが非常に風の弱い海域でタックやジャイブも少なく家族揃って楽しめるコースと思います。 またノンスピンでのボーナスを高くしてクルー不足の艇で 一人が操船出来れば家族で楽しめる をコンセプトに企画したレースです。 レース終了後は志賀ヨットクラブでバンド「パステル」を迎えて楽しいコンサート(予定)パーティーを存分に味わってください。

主催; 琵琶湖横断レース実行委員会
協力; 琵琶湖ミドルボートクラブ 長命寺ヨットクラブ 志賀ヨットクラブ
日時; 2012年 9月 23日 午前11時 長命寺沖スタート タイムリミット 午後1時30分 パーティー午後2時予定
参加費用; 1艇1000円 大人一人2000円
2012年9月13日 14:25
カービーⅢの琵琶マス釣り
 9月8日(土)朝1番でカービーⅢ(Y-28S)乗艇2名(土佐木氏、花咲氏)が出航し、悪天候の中、北の竹生島を目指しました。目的は琵琶マスゲット。(前回5/28の釣果をご紹介致したチームです。)夏場も何回か琵琶マス釣りに挑戦致したのですが、あまり良い釣果では有りませんでした。今日は竹生島の西側で挑戦。(東風が強く波も高く島影でトローリング)午後4時前に帰港致しました。先週はホワイトセールレガッタで微風と暑さ、今週は北の端まで荒れた湖の航海とお疲れ様でした。
 さて釣果は琵琶マス43cm1本、ウグイ約32cm2本と前回よりアップ致しました。おめでとうございます。9月いっぱいまで解禁(10月~11月は禁漁)再度琵琶マス釣りに挑戦されると思われます。
2012年9月8日 16:45
2012ホワイトセールレガッタ第2戦
9月2日(日)天候は晴れ、レース水面は琵琶湖大橋北、和邇南浜沖風待ちで定刻10分遅れの午前11時10分00秒スタート、微風の中第1マーク沖ノ島水道方向へ全29艇(参加者143名)。左回りトライアングルコース1周コース終始微風の中我慢のレースでした。ファーストフィニッシュは12時59分33秒、タイムリミット10分遅らせ14時10分、コース短縮も4隻フィニッシュ出来ず、皆様お疲れ様でした
午後4時より主幹マリーナの当志賀ヨットクラブにてアフターパーティー(焼き立て特上ハンバーガー等)と表彰式が行われ、途中夕立が少々有りましたが約135名の参加と全艇賞品が贈られ和やかに終わりました。
最終総合成績
※表彰式の成績に一部誤りが有りました事をお詫び申し上げます。
1位 フローレン Y-24F マリーナ雄琴 ・6位 エクスプローラー Y-25ML 志賀YC
2位 Palafitta GS-37 マリーナ雄琴 ・7位 SYC-5 Y-21C 志賀YC
3位 万天Ⅱ Y-31S レークウェストYC ・8位 オーキューブ Y-21C 志賀YC
4位 ノーサイド Y-31S レークウェストYC ・9位 湖族の末裔 Y-31S マリーナ雄琴
5位 グラシャス16世 Y-23Ⅱ志賀YC ・10位 つくし Y-31S レークウェストYC
2012年9月7日 18:15